illustrator|浜田一平

illustrator|浜田一平

phytoncide.(フィトンチッド)アイテムのパッケージには”女性本来の美しさ”をポップに表現するため、シンガーソングライターでもあり、イラストレーターとして活躍する浜田一平さん(※以後、浜田氏)に手掛けていただきました。

phytoncide.のフィルターを通したときの浜田氏らしいパッケージデザインを生み出した世界観をより深堀すべく、浜田氏に伺いました。

 

|多彩の表情をもったキッカケ

‐シンガーソングライター兼イラストレーターという多彩な表情をもつキッカケとは?

浜田氏「元々、音楽活動をしていましたが2015年に父親の会社で働くということになったんですが、業務と自分の意志の反りが合わなく、半年ぐらいでパニック障害になってしまったんです。」

「それから本当に半年間ぐらい家で引きこもった時期があったんですが、その時に自分が子ども時代にやっていた遊びを思い出したんです。」

「透明なプラスチックに絵を描いてトースターで焼くとギュッと縮まる所謂”プラ板”をなぜか思い出して、ひたすら作っていたんですよね。」

「普通の遊びではあるんですが、当時はなぜか生き甲斐になっていたんです。」

「自分を表現できる唯一の手段としてプラ板がキッカケで紙にも徐々に描くようになっていって、音楽活動と並行して”絵を描く”ことを自分のフライヤーとかに描くようになっていったんです。」

「そこから2019年、音楽で大阪から東京に出ていこうと決心して上京したんですけれどコロナが流行りはじめて音楽活動自体ができなくなって、なんとか自分を表現できる手段としてイラストレーターとしての活動も始めていきました。」

「そこからイラスト単体として周りに評価していただけて、音楽活動とはまた違う表現が確立していったんだと思います。」

 

|”浜田一平”からみる
”phytoncide.”

‐イラストを含めてみるphytoncide.(フィトンチッド)とは?

浜田氏「いろんな種類のハーブティがあって、いろんな種類の効能があって、三者三様の個性を持つというのを絵で表現しようと思ったんですよね。」

「僕、なぜかイラストを描くとき、女性が圧倒的に多くなるんですが、いろいろな女性がいて”どんな女性の個性も肯定したい”みたいなイメージでイラストは描きました。」

「phytoncide.(フィトンチッド)もそんな三者三様の考え方みたいなモノをどれも肯定してくれるよりどころみたいなんではないかなと思います。」

 

|イラストに込めた想い

‐イラストが圧倒的に女性が多い真意とは?

浜田氏「男性として女性が好きという一面もありますが、子どもの時から、友達が女の子が多かったんですよね。」

「色恋というよりかは、純粋に話してて楽しかったんだと思うんですよね。その頃の男の子の遊びといえば野球とかだったんですけど、僕全然興味がなくて、バービー人形で遊んだりとかレゴとかそういうのが好きだったので、ザリガニ獲りとか得意じゃなかったんですよね。。」

‐自然と女性と触れ合ってきていたからこそ、表情だったり仕草がイラストに表れている?

「そうかもしれないです。曲を作るときも同じなんですが、自然のインスピレーションもそうなんですけれど、”何かを伝えよう”と思っていることよりも、その瞬間に出来上がってくるものにめちゃくちゃ集中していることが多いです。」

「”何かを込めて”というより夢中になって今描いている線を美しく描きたい!とか、ここの色は淡い色にしたい!とかの意識が強くて、結果出来上がったものを全体でみると”あれ?本当は右足こんな風に描きたくなかったけど、これはこれでいいな!”みたいな感覚で”込めた思い”よりも自然と触れ合ってきたものが体現されているのかもしれません。」

 

|今後について

‐これからの浜田一平の魅力

浜田氏「まぁね。そういうインタビューをしてもらったときにプライベートでも仲良い人だったんで、ポロっと素が出てしまったのですが”めっちゃチヤホヤされたいです。(笑)”って答えたことがあります。(笑)」

「でも、少しでも日々の活力になっていただけるような活動はしていきたいので見ていただけると幸いです。」

 

|info

 

【2022 浜田一平 exhibition & special live】
2022年6月
◆渋谷eplus LIVING ROOM CAFE&DININGにて
浜田一平自身最長、最大規模の一ヶ月個展、
"それぞれ まちまち"を開催。

2022年6月3日(同開催場所) 
◆個展期間中のスペシャルライブ
浜田一平 exhibition special live
“それぞれ まちまち”
浜田一平 / Sundayカミデ ツーマンライブ

詳細はこちら

ブログに戻る